無駄にポイントを消費させられるサクラや、その他の犯罪に絡むような事柄には気をつけなければいけませんが、出会い系サイトに出没するネカマに対しては、必要以上に神経質になることはないかもしれません。

出会い系の達人たちは「ネカマに騙されるなんてアホらしい」と割り切っている人もたくさんいます。相手がサクラだったら、メールの度にポイント(お金)を消費されるのですから、笑って済ますなんて出来ないでしょうし、ましてや犯罪に巻き込まれるなんてもっての他です。

それらから身を守る為には、自ら気をつけるというのは当たり前ですね。しかしネカマは「ネット上で女性を演じている男」というだけで、性質の悪い冗談と受け止める事ができます。

出会い系サイトでもサクラが出没する有料サイトであれば、入会の際に住所・氏名が必要になりますから、性を偽ってネカマになることはできません。つまりネカマが多発するのは「無料の出会い系サイト」です。

ここならお金を消費することはありませんから、ある程度「かかって来い!」くらいの気持ちの余裕を持つことで、自己防衛にもなります。あなたがネカマに引っかかったとしても、喜ぶのはパソコンの向こう側にいるネカマ一人です。

騙されたと思うと悔しいし腹も立ちますが、出会い系サイトにはネカマよりももっと悪質な「お金目的のサクラ」や犯罪の入り口がゴロゴロしていると思えば、ネカマの悪ふざけなんて可愛いもんです。「ちょっと遊んでやった」くらいに構えて、さっさと次に行く方が利口というものです。

それでも、どうしてもネカマに引っかかりたくない!という人は、ネカマについての撃退法や被害実例などネットで情報を集められますから、役に立てて下さい。とにかく、出会い系サイトに入会して、女性からメールをもらった!と有頂天になる前に、一度はメールの相手を疑ってみる。それだけでも心がけていれば、きっとあなたの出会い系ライフは有意義なものになりますよ。

関連記事